診療科目・内容


う蝕(虫歯)予防処置
う蝕(虫歯)治療
感染根管治療
知覚過敏治療
冠や詰め物を用いた修復治療
義歯を用いた治療
 
一般矯正治療
部分矯正(MTM)
審美矯正(セラミックブラケット、歯の裏でおこなう舌側矯正)
 

着色除去
歯の着色
歯ぐきの着色

ホワイトニング(歯のブリーチング)
審美性の高い修復物
つめもの

義歯
ガミースマイル
 

親知らずや過剰歯などの難抜歯
歯根の膿やのう胞を除く手術
歯の再植術・移植術
骨や歯ぐき・粘膜の整形術
口腔腫瘍の摘出術
外傷に対する手術
その他
 
歯周病予防処置、ブラッシング指導
歯石除去
着色除去
PMTC
歯周病の外科手術
その他
 
顎関節症
歯ぎしり・くいしばり
顎関節の脱臼
舌痛症・舌炎
粘膜疾患(口内炎、アレルギー等)
口腔乾燥症
顎口腔領域の機能障害
その他
 
術前検査
人工歯根の埋め込み手術
GBR手術(骨造成手術)の併用
上顎洞挙上術(サイナスリフト)の併用
人工歯根への冠や義歯による
修復治療
 
マイクロエンド治療
顕微鏡外科
(マイクロサージェリー)
その他の顕微鏡歯科治療
 レジン修復治療
 
知覚過敏治療
う蝕殺菌
感染根管殺菌
歯周病治療
歯ぐきの着色除去
口腔腫瘍切除
口内炎、火傷、義歯による傷の治療
顎関節症の疼痛緩和
歯のホワイトニング
詳細はこちらから
 
歯に付着した食物の残骸をお口の中の細菌が食べて酸を放出し、歯を溶かしてしまう症状のことをう蝕-うしょく-(虫歯)といいます。フッ素 には、虫歯予防や歯質の強化また初期虫歯の抑制などの効果があります。特に乳歯や萌え始めの永久歯に塗布をすると非常に高い効果が望めます。フッ素塗布のほかにも、虫歯になりやすい臼歯の咬む面の溝にフッ素の入った薬をつめる処置( シーラント )も行っております。知覚過敏の薬としても有効です。
う蝕によりエナメル質(歯の一番外側の硬い部分)はゆっくり溶かされますが、エナメル質の下にある軟らかい象牙質にいったん達すると短期間に広がり、痛みが生じてくることが多くなります。
1:う蝕になった部分を完全に取り去り、その部分に詰め物をしていく処置 →審美歯科
う蝕(虫歯)を削って詰め物を入れます。
2:深部までう蝕になった歯の歯髄(神経)を取り去った後に、歯根の中に支台を立て冠をかぶせる処置
→審美歯科
神経まで達した
う蝕(虫歯)
神経を除去 補強の支台(土台)を
入れる
冠をかぶせる
 

歯根の中が細菌感染し腐敗すると、根の外側の歯槽骨(しそうこつ)に痛みを感じたり、膿や袋状ののう胞ができることがあります。
う蝕(虫歯)が神経まで至っているのを我慢して放置した結果、神経が壊死し腐敗する場合と、以前に神経を除去して治療が終了していたにもかかわらず、残存していた微細な神経が腐敗する場合があります。いずれも 感染した歯根の中の腐敗物質を除去し、膿やのう胞を失くす治療 を行う必要があります。

細菌感染した神経が腐敗し、根の先端の骨の中に膿の袋(のう胞)が貯まる。   腐敗した神経と歯質を除去し、根の中(根管内)を消毒し、膿をなくす。
治療終了後、わずかに残っていた神経の枝が腐敗し、膿が貯まる。   詰め物をすべてはずし、根の中をもう一度清掃、消毒する。
感染した歯根内を薬液で消毒する以外に、レーザー照射でより殺菌効果を高める方法もあります。
→レーザー治療科
膿やのう胞が大きくなりすぎていたり、歯根の先端全体が感染している場合は、感染部分を取り除く手術を行うことがあります。
→口腔外科   歯根の膿やのう胞を除く手術

最新欧米式の根管治療(歯内療法)はこちら ⇒ マイクロエンド治療                               ―最新欧米式歯内療法―

虫歯でもないのに冷たい物を口にすると歯がピリっとしみたり、歯を磨く時に、歯ブラシが当たって痛い、しみるという症状が出たことはありませんか?このような症状を知覚過敏症といいます。治療法としては、しみ止めの塗り薬・フッ素を塗布する方法や樹脂製のレジンといわれる素材で表面を覆う処置、また当院では、レーザー照射を併用することによってより効果を高めています。
→レーザー治療科
ただし、この症状の根本的な原因の多くは歯周病による歯肉の退縮や歯垢(プラーク)などの細菌性物質ですので、歯周病の治療もしっかりと行っていくことが大切です。
さらに詳しく ⇒ 「むし歯?それとも知覚過敏症?」
義歯とは、いわゆる‘入れ歯’のことです。失った歯を補う方法の一つで、歯の失い方に応じて、全部の入れ歯(総入れ歯)と部分の入れ歯があります。自分自身で取り外すことが出来、一般には、歯にひっかけるための金具と歯肉色の土手(床(しょう))がついています。金具に見えない審美的な義歯もあります。
→審美歯科   審美性の高い修復物
↑このページのTOPへ
 

う蝕(虫歯)になるのと同様、歯周病になるのも細菌の集合体である 歯垢-しこう-(プラーク) の磨き残しが一番の原因です。完全にプラークを除去すること(プラークコントロール)は、簡単なようでいても、実は大変難しいものなのです。
当院では、常時、多数の歯科衛生士が対応致しておりますので、各患者さんのお口の状態に合ったブラッシング指導をさせていただいております。

<<ブラッシングケア>>   当院では、高齢の方や心身に障害があって 御自身できちんと歯を磨く事が出来ない方のために 、定期的に歯科衛生士がすべての歯の清掃をするブラッシングケアも行っています。
歯石は、歯の表面に長時間付着した歯垢が唾液中のカルシウムを吸着することによって石灰化したものです。見えている歯石と歯茎の中に入り込んで隠れている歯石があります。これらは、虫歯や歯周病、それから口臭の原因となります。歯石はもはや歯ブラシではとることができません。専用の機器による除去が必要となります。ただし、歯石をとったから、もう安心というのではなく、ブラッシング指導をしっかり受けられて、御自宅でプラークコントロールをおこなう事が大変重要です。 3〜6ヶ月の定期検診 をお勧めしております。
着色除去 →審美歯科   着色除去

PMTCとは、プロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニングの略です。
一生懸命磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくいところや汚れがたまりやすいところが出来てしまいます。歯には歯石だけでなく、 細菌の頑丈なバリア も形成され、これは専門の歯科衛生士による専用の器具を使ったクリーニングをおこなう必要があります。

歯周病が進行すると歯を支えている歯槽骨という骨が徐々に破壊されていきます。こうなると歯と骨や歯ぐきの間に歯周ポケットという深い溝が形成され、その中にますます歯石や歯垢が沈着し歯周病の進行は悪循環に陥っていくこととなります。

歯周病の経過
@正常 A初期歯周炎(歯内炎) B中期歯周炎 C重度歯周炎

末期にはもはや歯を抜歯することとなりますが、末期に至るまでに歯周外科手術を行う場合があります。
FOP手術歯ぐきを剥離(はくり)して、深い歯周ポケットの中の歯石や細菌に破壊された組織を除去することにより、深い歯周ポケットを減少させて清掃しやすい形態にします。
GBR手術FOP手術などの歯周外科の際に、破壊されて不足している歯周組織(歯ぐきや骨)を他の部位から移植したり、再生を促す誘導体や再生膜を補う再生外科療法です。
インプラントを埋める予定の部分に歯周組織が不足している場合にも、この再生療法を併用することがあります。

FOP手術
ただしこれらの歯周外科手術はご自身のプラークコントロールが不良な方には適しませんので、十分歯周管理を受けた上で主治医とご相談ください。
↑このページのTOPへ
 

一概に親知らずといっても、萌え方や数などかなりの個人差があります。また同じ患者さんが持つ親知らずでも左右上下によって抜歯の難度は変わってきます。さらに親知らずだからという理由で、すべて抜歯が必要な訳ではありません。以下の症状が当てはまる親知らずや過剰歯は抜歯した方がメリットが大きいと考えられます。

1)歯ぐきが頻繁に腫れる。
2)虫歯が多発したり、隣の歯まで虫歯になる。
3)かみ合わせの障害になる。
4)他の歯を移動させる原因になる。
親知らずの分割抜歯
水平に埋まっている親知らずは、分割して抜歯します。
当院では、事前に詳細な説明を行い、御理解頂いた上で、万全な感染予防対策での抜歯手術を行っております。
さらに詳しく ⇒ 「親知らずの話」
歯根の中が感染したり、外傷などで歯髄(神経)が壊死したことなどにより、歯根の外(歯槽骨)に出来てしまった 膿や袋状になったのう胞を、直接取り除く手術 です。手術の可能な場合とそうでない歯があります。よく御相談下さい。
→根管治療
歯根端切除術(しこんたんせつじょじゅつ)
根の先端が腐敗し、根の周囲(骨の中)に膿の袋ができてしまう。   手術で膿の袋と腐敗した根の先端を切除する。   手術後、経過とともに骨が再生する。

再植術 とは、歯根の先端に治りにくい炎症部分やのう胞などがある場合に、これらを除去するために、この歯を一度抜歯して、根の先端と周囲をきれいにしてから、もう一度同じ歯を同じ部分に植え直し、再び周りの歯槽骨に生着させる手術です。

いったん抜歯し、膿や炎症部分を除去。   きれいにした骨の中にきれいにした歯を戻し、骨に生着させる。
移植術 とは、不要な自分の歯(かみ合わせに参加していない親知らずや矯正治療のために抜歯する歯)を他の部位(悪くなって抜歯が必要になったところ)に植える方法です。
(ただし、親知らず以外の歯の移植は保険適応外となります。)
悪い歯を抜歯。   不要な親知らずを抜歯して、歯が必要な部位へ移植する。

不都合な骨や歯ぐき・粘膜の形態を、都合の良い形態に修正する手術です。

骨(歯槽骨)の整形術: @抜歯した後、残された骨がいびつに吸収し、鋭利にとがってしまった結果、舌や粘膜を傷つけてしまう場合。
抜歯後、残った歯槽骨がとがっていたり凹凸が残った場合、
骨の形を整える手術をします。
  A歯ぐきの直下の骨の形態が凸凹だったり、骨がやせ過ぎたために、義歯の吸着が悪くなる可能性がある場合。
 
歯ぐき・粘膜の整形術: @骨に付着した歯ぐきの面積が少なく、動きのある粘膜が義歯の下にあるために義歯が動きやすい場合に、動きのある粘膜を義歯の外側に移動する手術。
  A先天的に上唇や舌のひだ(小帯)が極端に短いために、左右の前歯の間が開いたり、舌の動きが悪い場合に、ひだ(小帯)を切除します。
上あご前歯正中に入り込んだ上唇のひだ(小帯)のため歯が離開してしまってます。
小帯を切除し縫合
離開した歯は自然に正中に戻る場合と縫合治療が必要な場合があります。
  B笑うと上顎の歯ぐきが広く見えてしまうガミースマイルの場合、手術で改善することができます。 手術が嫌な人には、唇を引っ張る筋肉の動きを弱めるボツリヌストキシン製剤注射による治療も可能です。
  →審美歯科   ガミースマイル
ガミースマイル

顎や口腔内にも良性腫瘍や悪性腫瘍は生じます。
良性腫瘍で、通院のみで行える摘出術は当院で行います。良性でも入院が必要な場合や悪性腫
瘍と診断した場合は、当院連携の信頼のおける病院口腔外科をただちに紹介させていたいただきます。

転倒や殴打などによって、歯の破折や粘膜の傷、骨(歯槽骨)の骨折などが起こった場合の処置を行っております。顎全体や関節の骨折は入院が必要となります。

・急性の炎症に対する切開処置や点滴処置
・唾液腺に詰まる唾石の摘出等々

↑このページのTOPへ
 

顎の関節および顎を動かす筋の痛み、口を開け閉めする時の雑音、また口の開け閉めがしにくいなどこれらの症状を総括して顎関節症といいます。またこれらのうち1つでも症状があれば顎関節症と診断されます。当院では症状に応じて、スプリント療法(マウスピースの一種を用いた治療)や薬物療法、理学療法、咬合治療等を併用して治療を行っております。

歯ぎしりは、睡眠中に軋音(ぎりぎり音)を発生するもので習慣性があり、くいしばりは、日中の緊張時に起こるものです。これらによる影響としては、歯の磨耗・知覚過敏・破折・動揺や骨のコブ(骨隆起)の形成、そして顎関節症を誘発してしまうということです。肩こりや頭痛に波及することもあります。
当院では、オーダーメイドのマウスピースを作成し、歯と顎への影響を緩和する処置を行っております。
また、マウスピースを装着することができない方(眠れない、吐き気が強い)や根本的に治療したい方には、過剰な咬む筋力を弱めるボツリヌストキシン製剤注射による治療も可能です。

年齢を重ねるとともに、関節は磨耗し平らになり、関節がおさまっているくぼみも減少する傾向が強くなり、「顎がはずれる」ことが起こりやすくなります。はずれたまま放置すると元に戻らなくなることもありますので、すぐに戻す必要があります。

舌痛症は、舌には全く異常がないのに、舌が痛いという症状の出る病気のことです。最近、注目されている病気です。
舌炎は主に弱い口腔細菌が原因とされ、舌の先がぴりぴり痛むというのが最も多い症状です。
こういう症状をお持ちの方は御相談下さい。

痛みを伴うものや痛みのないものなどお口の中の出来物は様々です。また、歯の詰め物や冠や義歯に使う金属や樹脂に対するアレルギーなどもあります。

加齢による唾液の減少や、癌治療のための放射線療法などの影響で唾液が出なくなる以外に、重大な病気で唾液が出なくなる場合もありますので、極端な唾液の減少は検査が必要です。

さらに詳しく ⇒ ドライマウス(口腔乾燥症)治療

・睡眠時無呼吸症候群
・嚥下・言語障害(脳梗塞が原因の場合は早期の治療が必要です。)

・三叉神経痛や顔面神経麻痺などの神経性疾患の診断(歯痛やあごの痛みなどが生じることもあり、鑑別診断が重要です。)
・口臭(多因子によるものが多く、総合的診断と処置が必要です。)

↑このページのTOPへ

インプラントとは、歯を失った骨に生体親和性の高いチタンを用いた人工歯根を埋め込んだ後に、冠や義歯で修復することによって咀嚼機能を回復する高度先進医療です。
インプラントシステムは現在世界中で多数のメーカーが生産していますが、そのうちのメーカーの多くが淘汰されているという事実があります。
インプラントは生体の人工臓器の一種で、長期にわたって部品の供給や保証が確実でなければなりません。いくら価格が安いインプラントでも数年後に部品やメーカーがなくなっているようでは困ります。
当院では、世界中の大学病院で最もよく使われ、最も長く医学統計結果の出ている信頼性の高いノーベルバイオケア社ブローネマルク®インプラントシステムやリプレイスインプラントシステムを導入しております。
治療に際しては、十分な診査とカウンセリングが必要となります。
当院ではインプラント治療に精通した インプラント専門医(日本口腔インプラント学会認定) が対応いたしますので、安心してご相談下さい。

術前検査
 インプラントは誰でも、どの骨の部分でも埋め込めるわけではありません。
顎の骨の厚さ、幅、質、また神経・血管や副鼻腔などの位置などを事前に調べた上で手術をしないと予後が悪くなってしまいます。
以前は平面的なレントゲン検査だけで診断していた時代がありましたが、現在はCT撮影を行って顎の骨の構造を調べるのが常識となっております。
さらに当院では、そのCT写真と患者さんの顎の模型を組み合わせて、インプラント治療最終段階の咬み合わせも想定した3次元分析を行うiCATシステムを導入しております。
このシステムにより理想的なインプラントを植え込む部位を想定し、実際に手術の際にはその想定部位通り、埋め込み手術を可能にする外科用ガイドを使用してますので、より安全で正確な手術を実現しております。
顎の模型
ガイド
CT写真と顎の模型を組み合わせた分析画像 外科用ガイド
あごの骨にインプラントを埋め込みます インプラント手術の様子
GBR手術
インプラントを埋め込む予定の骨や歯ぐきが不足している場合、ご自分の組織を移植したり、骨の誘導体や再生膜を使って再生を促したりします。
GBR手術
 

上あごの大臼歯(奥歯)の骨の真上には上顎洞という副鼻腔の一つの空洞があるために非常に薄いことが 多く、特に抜歯した後はますます骨が吸収し(痩せ)てしまって、インプラントを埋めるには骨の厚みが足ら ないことが頻繁にあります。
そこで骨の厚みを増やすために、上顎洞の底に骨の移植手術を行います

 

上顎の骨が薄く、上顎洞(副鼻腔) までの距離が4mmしかないので このままではインプラントを埋め込むことができません。   

上顎洞(副鼻腔)の底に骨補填材を移植することにより、上顎の骨を再 生・増殖させて、骨を厚くしてインプラント治療を可能にしました。

 
この形のブリッジでは、周りの歯を大きく削らなければなりません。
奥歯を固定するために、金属の支えを使用する例。違和感があり、清掃も難しく、見映えもよくありません。
総入れ歯の場合、入れ歯を固定する力が弱く、ぐらついたり、ずれたりします。そのため、食べ物を噛むために充分な力をかけることができません。

 

インプラントでは、両隣の歯はそのままで、
負担もかかりません。
インプラントでは失われた歯根部分の骨を支えにして人工の歯を固定します。噛む力は天然の歯と同じように骨に伝わります。
インプラントでは、義歯はあごの骨に固定され、力を入れて噛むことができます。食感も天然歯に近く、食べる楽しみを取り戻す事ができます。
↑このページのTOPへ
 

顕微鏡治療は歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用して治療部位を拡大視しながらおこなう治療方法です。
顕微鏡はすでに脳外科・眼科などの非常に細かい治療分野では欠かせない治療器具ですが、実は歯科においてもそれに匹敵するほど非常に微細な部分を繊細な技術で行わなければなりません。
ほとんどすべての歯科治療において肉眼でおこなう従来の歯科治療よりも顕微鏡治療の方がはるかに精度の高い治療が可能になります。
そこまで精度を高める必要があるのかと思われるかもしれませんが、歯に関わる病気の大きさはとても小さいので、ほんのわずかな不正確さが歯の寿命や治療の成功を左右するのです。
高倍率で歯を見ながらの治療が可能になることによって削り過ぎずに、悪い所だけを最少の削る量で治療できます。削った部分に詰め物を入れる場合も、肉眼治療では封鎖しきれなかったりすき間に気付かなかったりすると、そのすき間から再びむし歯になることは珍しくありません。顕微鏡で拡大視していると詰め物もすき間無く封鎖できるようになります。
近年は歯にとって最小限の侵襲で治療して、できるだけ削らずに歯を残す治療が主流になってきています(MI治療)。およそ20倍拡大することができる歯科用マイクロスコープをつかった顕微鏡歯科治療も、そんな時代を象徴する最先端の歯科治療なのです。
しかし、歯科用マイクロスコープは高価な機械であり、しかも操作技術に多くの時間を要するため、日本の歯科医院においてあまり普及しておらず、使いこなせる歯科医師も少数であるのが現状です。

当院で使用しているカールツァイス社製OPMI pico with MORA interface
当院で使用しているカールツァイス社製OPMI pico with MORA interface
術前検査
歯内療法(エンドドンティックス)とは、むし歯菌によって侵された歯根内の管(根管といいます)の治療のことを言います。
神経部分(歯髄)が炎症を起こし細菌感染している場合は、歯髄を除去します(抜髄)。
歯髄が壊死して腐敗しているばあいは、根管内の腐敗歯髄・歯質を除去します(感染根管治療)。

抜髄

 

抜髄

歯内療法は歯の中の奥深い部分でしかも数ミクロン単位の細かい作業のため、手探りで勘に頼っていた旧来の方法では、不完全・不確実で歯科医師の中でも最も困難とされている治療のひとつとされてきました。実際、治療が困難であるがために、歯根の中で取り切れなかった細菌によって膿がたまったり歯が割れて抜歯することになってしまうケースが多くあります(歯周病と並んで抜歯原因の大半を占めます)。
欧米では20世紀末から、この歯内療法をできるだけ完全・確実性を高めるべく歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使って取り組まれてきました。 欧米の歯内療法専門医の治療は、マイクロスコープで根管内を確認しながら以下のように行います(マイクロエンド治療)

@ 根管内の感染した歯髄・歯質をNi-Ti(ニッケルチタン)ファイルという非常に柔軟性の高い形状記憶合金のやすり状器具を使用して、歯科用顕微鏡で歯内を見ながら、慎重に削り過ぎたりすることなく、肉眼では除去できなかった部分を適切に清掃します。このファイルを使用することによって、国内で主に使われているステンレス製のファイルでは除去できなかった極度の曲がった根管内の歯髄を除去することが飛躍的に向上しました。

A 器具で除去できないミクロン単位の細かい部分は、無機質・有機質の溶解作用の強いEDTAや次亜塩素酸ナトリウムで超音波を使用して循環させながら洗い流します。

B きれいになった根管の中に、再度細菌が繁殖しないようにすき間(死腔)を残さないようガッターパーチャーというゴム製の詰め物を軟化して注入します。圧力をかけて注入することによって、今までは入れることができなかった数ミクロンの側枝まで入りますので、再発率が低くなりました。

歯内療法は歯を残す根本となる最も重要な治療であるので、このようなマイクロスコープを使った最新歯内療法は米国では常套化され、現在の先進諸国では標準になっています。しかし、残念ながら米国の治療費の数十分の一の日本の保険治療では、上記の高価な器材が使えないためにほとんど行われておらず日本は歯内療法において数十年間後進国と言わざるを得ません。
当院では、患者様のご希望と病状に合わせて、最新の歯内療法を受けていただくことが可能です。
マイクロスコープを使った最新歯内療法
GBR手術
口腔外科・歯周外科・インプラント外科等の手術をマイクロスコープを使って行います。
メリットは、以下の通りです。

@ 歯周外科歯根端切除手術などの「歯を残すための手術」の際に、再発の原因になる細菌感染部分を見落とさず除去しやすくなります。また肉眼では困難な根の先端に小さな詰め物を入れる手術(逆根管充填処置)が確実に行える上に、この詰め物自体もMTAと呼ばれる強力な殺菌作用、歯根の一部のセメント質を再生する作用があるので、再発率が劇的に低下しました。

A 健全な骨を削り過ぎずに、最小限の手術が可能です。

B 歯ぐきの縫合の際に、かなり小さな針と糸を使うことができるので、傷跡がきれいに治ります。

 

レジン修復とはプラスチックに近い樹脂をむし歯を削った穴へ詰める治療です。プラスチックと違って最初はペースト状に柔らかく、形を元に近い状態に整えてから特殊な光で固めます(光重合レジン)。 肉眼と手指で詰めるので、当然穴からはみ出したり境界がギザギザになってしまいますので、最後は磨き(研磨)を行います。
しかし、残念ながら肉眼治療では各治療段階で以下のような「誤差」が生じます
 
レジン充填処置の各段階 人間の肉眼の限界による治療誤差
むし歯を削るとき
  • ・見えないむし歯を取り残す。
  • ・健全な歯質を削り過ぎる。
  • ・神経(歯髄)の上部がわずかに露出していても気付かないことがある
  • ・歯ぐきが傷つきやすい。
レジンペーストを詰めるとき
  • ・数ミクロンの気泡が入っていても気付かない。気泡が残るとむし歯になったり、レジンが割れやすくなる。
  • ・歯ぐきが傷ついて出血すると、レジンが黒く変色したり固まりにくくなる。
研磨のとき
  • ・はみ出ているレジンを取り残し、段差を残してしまうので、再度むし歯になりやすくなる。
  • ・レジンの周りの健全な歯質まで過剰に磨いてしまう
  • ・歯ぐきが傷つきやすい
 
 マイクロスコープを使ってレジン充填処置を行うと、上記のような「誤差」は極めて小さくなるメリットがあります。旧来の「誤差」のために再治療を繰り返して、徐々に歯質が減ってしまうということが減るので、神経を取る(抜髄する)可能性も減り、長い目で見ると歯の寿命自体も延びます。
 もちろん、型を取って詰め物を入れるインレー・被せ物(冠)を入れる治療、歯石・着色除去などの歯周病治療、その他ほとんどすべての歯科治療において、肉眼でおこなう従来の歯科治療よりも顕微鏡治療のほうが、高い精度・より確実な治療により再治療を減らすことが可能になります
 
マイクロスコープで見ると新たなむし歯の原因になる明らかに段差が見られます。
 
マイクロスコープで確認するとやはり今後、着色や新たなむし歯の原因になりそうです

歯の着色除去:

タバコのヤニやお茶や食品の色素などで黄ばんだ歯の汚れなどを非常に細かい粉末を用いて落とす方法です。その日中に汚れを落とすことが出来ます。
歯ぐきの着色除去: 歯ぐきのメラニン色素沈着や冠などの金属粉による黒変を除去します。
  →レーザー治療科
   
レーザーによるメラニン色素除去
治療前 治療後  
 

先天的な歯の変色や、歯髄(神経)壊死後に変色した歯を漂白剤で脱色していく方法です。
歯質そのものを脱色するので、樹脂製の詰め物の変色に対する方法とは異なります。
診療室で施行する オフィスホワイトニング とご自宅で自ら行っていただく ホームホワイトニング があります。
実際には、患者さんごとの固有の歯の状態や生活習慣に合わせて、十分にカウンセリングを行ってからの施行となります。

さらに詳しく ⇒ 「白い歯でイメージアップ!」
【最先端のオールセラミック修復】
コンピューターによる歯型の読み取りとセラミックブロックの削り出しを行うCAD/CAMシステムによる非常に精度の高い最先端の修復方法です。次のような特徴があります。
  • 天然歯のエナメル質に近い色、透明感と強度
  • 金属アレルギーや歯ぐきの黒変がない
  • 生体親和性が高く、歯ぐきとの付着性が高い
初期のオールセラミックの割れやすさが改良され、奥歯やブリッジにも可能な第三世代のジルコニア系オールセラミック冠や 、精度と強度が向上したオールセラミックの詰め物(e.maxインレー)や絶対に割れないジルコニア系セラミックインレー等が開発され、現在最高の修復物とされています。
オールセラミックインレー(e.maxインレー) CAD/CAMによるジルコニア系
オールセラミックブリッジ
CAD/CAMによるジルコニア系オールセラミックブリッジ
IPSe.maxプレスを使用した最新のオールセラミック(e.max)インレーは、従来のセラミックインレーより、強度・適合性・審美性いずれも格段に向上しました。 奥歯やブリッジにも可能な第三世代の ジルコニア系オールセラミックが開発され、現在最高の審美修復物とされています。
義歯(着脱性)→
  • 金属床義歯:
    ひずみが少ないので適合性が高く、薄くて違和感が少ない。
    食材の味や温度が伝わりやすい。
  • コーヌス義歯(コーヌスデンチャー):
    金具を使わず、審美性の高い冠を維持に利用した義歯
  • スマート義歯(スマートデンチャー):
    金具を使わず、特殊な樹脂で歯ぐきを維持する義歯
普通の義歯 コーヌスデンチャー
金具が見えて審美的ではない。 金具が見えず審美的。
スマートデンチャー装着前 スマートデンチャー装着後
スマートデンチャー装着前
スマートデンチャー装着後

笑うと上顎の歯ぐきが広く見えてしまうガミースマイルの場合、手術で改善することができます。手術が嫌な人には、唇を引っ張る筋肉の動きを弱めるボツリヌストキシン製剤注射による治療も可能です。

口腔外科   骨や歯ぐき・粘膜の整形術 →矯正歯科   上あご前突
↑このページのTOPへ
 
歯並びが悪いと、見た目ばかりでなく、虫歯や歯周病、顎関節症の原因になったり、咬む力や発音にも影響を及ぼします。これらを防止するために、悪いかみ合わせを取り除くのが、矯正治療です。
乳歯が残っている時期に始める治療(前期治療)、永久歯列に生えかわってからの治療(後期治療や一括治療)や、また手術の必要な場合もあります。治療開始時期、治療期間、治療方法などは、患者さんにより異なりますので、詳しくは矯正担当医にご相談ください。
施術前   施術後

部分的に傾斜した歯を正常に治す、小範囲で比較的短期間の矯正治療です。

通常の矯正治療で用いる金属性ではなくセラミック製のブラケットを使って目立たなくする方法や、ブラケットを歯の裏に付けて表からはまったくわからない矯正治療です。
 
金属ブラケット   セラミックブラケット
↑このページのTOPへ
 
当院では、最先端の治療機器であり、生体に最も安全であるといわれる 炭酸ガスレーザー を用いた治療を行っております。レーザー治療では、術中・術後の痛みや出血が少なく、患者さん自身の負担をかなり減らすことが出来るという利点があります。

・知覚過敏治療
・う蝕殺菌
・感染根管殺菌
・歯周病治療
・歯ぐきの着色除去
・口腔腫瘍切除:メスを使わずレーザーを使うことにより、非常に浅い傷で出血も最小に抑えることが可能です。
・口内炎、火傷、義歯による傷に対する治療
・顎関節症の疼痛緩和
・歯のホワイトニング:ホワイトニングの際、漂白剤の浸透を促します。

↑このページのTOPへ
 

トップページコンセプト院内紹介診療科目・内容こだわり歯科衛生士コラム歯髄細胞バンクアクセスLinkリクルートサイトマップ相互Link

Copyright(C)2005 kawamoto dentalclinic All Rights Reserved.