口腔外科医師による安全な親知らず抜歯

口腔外科医師による安全な親知らず抜歯

『歯科』と言う日本語で誤解されているのですが、歯科医師が治療する範囲がや、せいぜい歯周組織(歯ぐきや骨)ぐらいだと理解されていることが多いのですが、実際は以下の範囲が診療領域とされています。

  • 口唇(口唇周囲も含む)
  • 頬の粘膜
  • 硬・軟口蓋
  • 舌の前3分の2
  • 口腔底(舌の下部)
  • 上下顎(副鼻腔・顎関節を含む)
  • 上下歯槽骨(歯を支える骨)
  • 唾液腺(顎下腺・舌下腺)

治療内容は、良く知られているう蝕(むし歯)や歯周病(歯槽膿漏)治療以外に、

  • 歯列矯正治療
  • 口腔外科治療
  • 嚥下や咀嚼等の顎・口腔機能治療
  • 顎運動・咬合治療
  • 歯科麻酔治療
  • 小児や障害者の専門治療

といった専門の研修が必要な分野もあります。

これらの分野の診断や治療は、歯科医師ならば誰でも行っても法律的には問題ないのですが、実際は数年にわたる専門機関での診断・処置のトレーニングを受けないとなかなか習得できるのは困難なのが実情です。

当院では、病院歯科・口腔外科の外来治療を利便性をも兼ねて提供するというコンセプトに基づいてかなり多くの口腔外科手術を手がけておりますが、当然歯科医師も全員が病院歯科・口腔外科に在籍経験を持ち、プロフェッショナルな研修を受けてきております。

多くの患者さんが経験する『親知らずの抜歯手術』は口腔外科手術の中ではスタンダードな手術の代表で、口腔外科研修医の入門編です。
しかし口腔外科の基本的技術をほとんど含んでおり、一人前の口腔外科医の集大成でもあります。

親知らずの抜歯手術

埋伏智歯抜歯(埋まっている親知らず抜歯手術)
歯ぐきの切開、剥離。骨の削除。歯の分割抜歯。歯ぐきの縫合。
これら一連の処置を、奥歯の後ろ側の暗くて見えづらく狭い部位で、すばやく正確に、神経に近い親知らずを安全に抜歯しなければなりません。

特別に口腔外科で研修を受けずに、見よう見真似の歯科医師の下で親知らず抜歯を受けた患者さんの中には、あまりの長時間手術のために体はクタクタに疲れた上に顎が外れてしまったり、下顎の神経が傷ついたり副鼻腔に穴が開いたままの状態で放置されたり等のトラブルが起こることも珍しくありません。 訓練を積んだ口腔外科出身の歯科医師ならば、親知らずの抜歯手術は通常ならば15〜30分程度で終了いたします。

たとえ仮に、副鼻腔に突き出ている親知らずを抜歯しても、親知らずが神経に接していても、顎が外れたりしても、トラブルに対する適切な処置を施すことが可能です。また基礎疾患や持病をお持ちの方にも、安全な抜歯準備を行うことができます。

できるだけ短時間で出血量も少なく治癒も良い手術をお望みの患者さんや、基礎疾患等があって手術が不安な患者さんは、口腔外科で研修を積んだ歯科医師の下で抜歯手術を受けられることをお勧めいたします。

親知らずの抜歯手術や小手術を受ける方への
抜歯後の制限について
  1. 保険証はご本人様自身の実物が必要です。コピー・写真や画像等では治療は不可能です。
  2. 未成年の方の手術には、保護者または成人の方の連名の承諾署名が必要です。初診日当日の手術をご希望の方は、必ず同伴でお越しください。
  3. 抜歯直後は、麻酔が数時間効いていますので、その間飲食はできません。
  4. 縫合糸の抜糸までの1週間は、激しい運動、飲酒、喫煙、炎天下での作業、その他血行が良くなるような行為(サウナ・温泉・スパ等入泉)、極端に激しい会話・歌唱等は控えてください。
  5. 抜歯後には、口が開きにくくなる、口角が切れる、頬や頸部に青あざや黄色のあざのような内出血斑が出る可能性がありますのでご注意ください。
  6. 上あごの抜歯の場合に、上顎洞(副鼻腔)に穿通することが稀にありますが、その場合は、鼻をかむ・楽器を吹く・泳ぐ・低気圧の高所に行く等の行為を控えていただきます。

トップページコンセプト院内紹介診療科目・内容こだわり歯科衛生士コラム歯髄細胞バンクアクセスLinkリクルートサイトマップ相互Link

Copyright(C)2005 kawamoto dentalclinic All Rights Reserved.