サイトマップ
歯髄細胞バンク―自分自身の命の保険―

歯髄細胞とは一般的には「歯の神経」と言われる部分の組織細胞で、歯に存在する最も再生医療の実用化が進んでいる体性幹細胞の一種です。

昨今、歯髄細胞のiPS化することに成功し、広範囲の再生医療に応用されることが可能となりました。

歯髄細胞から作ったiPS細胞(人工多能性幹細胞)は、色々な種類の細胞を生み出し、組織や臓器などの再生だけでなく病気の原因解明や薬の副作用などの試験に大いに役立つことが期待されています。

歯髄細胞を採取することも体を傷つけることなく比較的容易であり、下記のように細胞バンクに最適な条件を満たしています。

ご自分自身の命を守る医療保険として、乳歯や親知らずなどの抜歯した歯の歯髄細胞を冷凍保管するサービスを鶴見大学歯学部口腔病理学講座と連携したACTE(再生医療推進機構)が行っております。

当院は歯髄細胞バンクの提携歯科医療施設として、抜歯した歯をお預かりしACTEへ無事お届けする役割を担っております。

詳しい内容は下記のアイコンをクリックしてください。

トップページコンセプト院内紹介診療科目・内容こだわり歯科衛生士コラム歯髄細胞バンクアクセスLinkリクルートサイトマップ相互Link

Copyright(C)2005 kawamoto dentalclinic All Rights Reserved.